うつわのこと

器づくりの思い

ロクロの風景

うつわとは何か、と考える。
うつわとは受け入れ、受け止めるもの。

水を、花を、料理を。
受け止めるためのカタチ、受け止めるための用途。
それが一番最初にあって、そこから私はそのための土、そのための色、そのための古色、そのための絵、と選んでいる。

私の作るうつわは完全なる脇役。
主役はうつわを使う人。

使う人の生活を豊かにするために、使う人の時間や空間を演出するための道具。
その空間にあっても邪魔をしないように、「あれ、いつからあったっけ」と思われるぐらい溶けこんでほしい。

そんなうつわを、と願いながら作陶しています。


作りたい器

ロクロ前に磁器土を叩いて形を整える

私の目指しているのは「隙のあるうつわ

例えば、和に近いけど完全に和ではなく、洋の要素も入った限りなく和に近いもの。

シルクロードから完璧で美しい器が中国やベトナムに渡って、そこの人たちが
それを再現しようとして最初に作った、拙いけど、生命力に溢れたもの。

それらが中国から日本に入って、伊万里の陶工たちが作った、初期伊万里の自由奔放で伸びやかな筆遣い。
「くらわんか」の作為の無い絵付け。

そんなものが作りたい、と願い続けています。

そういうものはどこか隙があって、包容力もあって、他のうつわと同じ食卓に並べても
違和感なく溶け込むのではないか。
自分が好きなものしか作れないし、楽しく作ったものにこそ魅力が宿ると思っていて、

好きなものというのは、隙のあるもの

他のうつわと調和するもの

料理と調和するもの

そういうものが作れるよう、続けていきたいと思います。


土のこと

使っている磁器土

私は「磁器土」という素材で器を作っている。
何故かというと、磁器が一番今の生活において使いやすいと考えるから。

丈夫で、しみたりしなく、とにかく気を使わなくていい。
毎日の生活の中、そんなにいつも気を使っていられないとなると
磁器は疲れているときも、受け入れてくれる。
そして私はそんな磁器の土に少しだけ陶土を混ぜている。

磁器の良さというのはピリリとした緊張感が出せることと、白さ。
それも偶には良い。

でも毎日は苦手で、どうしても羽目を外したくなる。
少し陶土を加えることによって、やや青みがかる。
古色のような色合い。
そこに鉄粉や石の跡がでる。

それだけで、ピリリとしたものから大らかさが生まれ、ほんわりゆるくなる。
ゆるくなるにつれ、器の包容力が大きくなる。
なんでも受け止めてくれる、安心感もそこに生まれると思う。

縁に塗った錆や鉄粉もそのゆるくなることに貢献してくれている。
鉄粉は愛でるもの。
そばかすのようで愛嬌がある。
磁器だけど、土ものに近くなる。

両方の良さを合わせ持った器を作りたいと日々願う。

ロクロ。お皿の高台を削る